宮城県仙台・仙南(長町・南仙台・名取・岩沼・大河原・白石・蔵王・亘理)の一戸建て木造注文住宅、木の香りたっぷりの本格木造注文住宅。中古住宅、不動産情報、田舎暮らし、温泉付き別荘(蔵王温泉)など住まいのことなら何でもおまかせください。

 

 

 

昔ながらの大黒柱のある強い家

タカハシホームの住宅は、全て100年住宅仕様の次世代対応型住宅です。建材に使われる大切な「木」は、育つまで70〜100年の永い年月がかかります。その大切な「木」を守るためにも、住まいに求められるものは、次世代の木が育つ以上に長く住み続けられる住まいを提供する事が、私たちの使命と受け止めています。
木造住宅が求められる第一の理由は、日本の風土に合った快適な住まいであるからです。さらに、人に優しく、肌触りや安らぎをあたえてくれる空間を実現し、健康で安全、しかも快適な暮らしが叶えられるからです。「木」は自然からの最も優れた贈り物なのです。

耐久性

8寸角の大黒柱に4寸角の柱を配し、
規格住宅を寄せ付けないタカハシホー
ムの「本格木造住宅」は、通常の2.5倍の
強度を持つ地震に強い、昔ながらの丈
夫な構造を活かした住まいです。
荷重がかかる梁には、一本物の丈夫な
丸桁を使用するなど、耐久性をさらにア
ップする工夫が要所に施された長期優
良住宅です。

ベタ基礎

タカハシホームは、基準をはるかに上回
るガッシリした安心の総ベタ基礎施工に
加え、上がりを400〜450mmと大きくし、
床下の湿気を防ぐなど細心の設計が成
されています。また、一般住宅の場合木
造の使用量は坪当たり1.9石〜2.1石と
言われておりますが、当社は3割多い
3石の地物中心を使用しています。さら
に、土台を120mm角の柱など、とにかく
強い「昔の家」を思わせる住まいをお届
けいたしております。

適材適所の構造

材木屋を母体とするタカハシホームは、
木へのこだわりと材木のプロとしてのノウ
ハウがあります。一本一本の木材の状態
を見極め、良質の自然木を年数をかけ
て自然乾燥しています。木材はその材
種によって性質が異なります。例えば土
台や構造には耐久性の高い檜や栗の木
。柱には檜や杉。梁には松など性質によ
り使い分けます。適材適所の使い分けが
、強度・耐久性に優れた次世代型100年
住宅を生むのです。

大切なご家族と家財を守る長期優良100年住宅

古くなった内装を変えながら 建て替えることなく次世代へ受け継いでゆく住まい。